Blade Chronicle

Blade Chronicleの世界観
極東に浮かぶ島国「日ノ本」を舞台として、武士による幕威回復を図る「新政府」と、帝による新しき国づくりを目指す「皇国」による壮絶な戦いが行われていました。理から外れしもの「妖物(あやかし)」の出現によって世は混乱し、太平の世を謳歌してきた幕府は急速に求心力を失っていきます。

そして、幕府による統治は事実上崩壊をし、武士による幕威回復を図る「新政府」と、帝をまつりあげ新しき国づくりを目指す「皇国」の二勢力による争いが始まろうとしていた。

「斬る」感覚をトコトン追求
クリックだけで勝負が終わってしまうような従来のゲームとは違い、「斬る」感覚を味わえるシステムは、戦闘により深みを与えてくれます。

マウスの左ボタンを押したまま下に動かせば上段からの斬りつけ、上に動かせば突き、左右に動かせばそれぞれの方向に水平斬りといった、上下左右の4つの攻撃アクションがあります。敵の動きに合わせて攻撃のパターンを変えたりして、斬り合いの感覚を手軽に味わうことができます。

殺陣のようなスリリングな駆け引き
各刀には固有の連続攻撃のパターンが用意されており、連続攻撃の回数は刀の種類やレベルによって変わってきます

さらに、これらの通常攻撃に加えてスキルを発動させることでコンボ攻撃を繰り出すこともできます。どのように技を繰り出していくかが勝負の分かれ目にくるでしょう。戦闘では殺陣のような緊張感ある駆け引きを存分に楽しむことができるでしょう。

武器と型を重視!
キャラクター自体には決まった職業がなく、装備する武器によって防御力の高い「守護の型」、攻撃力重視の「重撃の型」、回復等の支援を行う「壮術の型」などに分けられます。同じ型の武器であれば3つ同時に保有することができ、「守護の型」でも攻撃に適したものやより防御力の高いものなど、状況に応じて切り替えて使うことができます。

また、経験値を獲得して成長するのは「武器」も同じで、キャラクターの各ステータス値も武器による依存度が高いのです。武器を持ち変えれば各種ステータス値もそのたびに変わってきます。

公式最低動作環境 公式推奨動作環境 サービスタイプ
OS Windows XP/Vista

■プレイ料金
無料
■ジャンル
アクションRPG
■運営会社
ゲームズアリーナ
■定期メンテナンス
毎週木曜日10:00~13:00

CPU Pentium4 2.0GHz以上 Intel Core2Duo以上/td>
メモリ 512MB以上 1GB以上
グラフィックカード Intel 915G Chipset以上
NVIDIA GeForce FX5200以上
ATI RADEON 9600以上のビデオチップを 搭載したVRAM64MB以上のグラフィックカード
NVIDIAR GeForce 7シリーズ以上
ATI RADEON X1300以上のビデオチップを 搭載したVRAM128MB以上のグラフィックカード/td>
HDD 5GB以上の空き容量

(C)Spike / DWANGO / GAMES ARENA.

こちらからゲームスタート!
↓↓↓
Blade Chronicle